読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せキャリアアップ!冨田将一朗の日々。

外資系半導体メーカーで経営企画、事業開発をやっています。キャリアップのための情報整理ブログです。

【キャリアアップ!冨田将一朗】今振り返りたい「キャリアのVSOP」

冨田将一朗です。

有名ブロガーが昨年書かれた「キャリアのVSOP」を最近思い出しました。

 

<V:20代はバラエティ>

20代で大事なことは、とにかく多彩な経験を積むこと。自分が何に向いているか、やってみないとわからない。あまり頑なに「自分はこれが向いているはず」と思い込み、それ以外のコトは見ない、触れない、みたいな生活をしないこと。

 <S:30代はスペシャリティ>

30代は、20代で経験したいろんなことの中から「オレはコレで行く!」という分野を見定め、その分野に集中して専門性を高め、「この分野ならあいつ」と言われるよう知識、スキルを築いていくべき時期。この時期に自分の「コア」を作る、「何の専門家なのか」を明確にする。それが大事、という話。

 <O:40代はオリジナリティ>

この年代で発揮すべきは、マニュアル化できない「自分らしさ」。「これはあの人の作品だよね」「あの人の仕事はユニークだよね」「そんな考え、普通はでてこないよね!」と言ってもらえる仕事をしないとダメ。

 <P:50代はパーソナリティ>

そして50代になれば、パーソナリティがすべて。専門性なんて若い世代にかなうわけがない。オリジナリティだって、どんどん出すのが難しくなる。この段階にきたら「あの人と仕事がしたい」と思ってもらえるかどうか、人格とキャラが切り札になる。

 

今年で30歳となる私は、今まさにV→Sへ向かう、その瀬戸際にいます。

そんな私が20代を振り返って思うのは、「20代のバラエティ」って難しいな、ということ。

例えば業界を考えると、私は1つの業界しか経験をしていません。では、違う業界を見れば良かったか?と聞かれると、必ずしもそうは思いません。

「多彩な経験」と言えば聞こえは良いですが、ある程度注力しなければ、30代で欲しい「オレはコレで行く!」が見えてこないのでは?と思ったりします。

職務で言えば、複数を経験すべきだと思います。企業なり、業界なりのバリューチェーンを把握する上でも必要です。

意識としては必要なVSOPですが、結局それって結果論ですよねぇ。

冨田将一朗

【キャリアアップ!冨田将一朗】日々の気づきをつづります

はじめまして。冨田将一朗です。

外資系半導体メーカーに勤務しています。

新卒で外資系半導体メーカーに就職、生産工場で丁稚奉公の後、現在は経営企画、事業開発に携わっています。

外資系特有の成果主義は肌に合いますが、私ももう30歳。更なるキャリアアップを目指して、日々邁進中です。

このブログでは、仕事に関わることはもちろん、キャリアアップに向けた情報整理をやっていくつもりです。

なるべく毎日更新し、自分の成長に繋げたいと思います!

音楽や野外フェスなど、趣味のことも書きますよ!

キャリアアップ!冨田将一朗